川崎病の症状や治療経過、後遺症の有無、原因などを、5回も川崎病を発症した娘の記録を交えながら、患者の視点から調べたサイトです。

本サイトへようこそ

こんにちは。
2006年4月生まれの娘をもつママです。

 

娘はこれまでに、5回、川崎病を発症しています。
1回目 2007年11月(娘 1歳6カ月)
2回目 2008年10月(娘 2歳5カ月)
3回目 2011年1月(娘 4歳8カ月」)
4回目 2011年3月(娘 4歳10カ月)
5回目 2013年1月(娘 6歳8カ月)
5回のうち最初の4回はガンマグロブリンの投薬で回復し、
5回目の発症の時は、抗生剤の点滴だけで落ち着きました。

今のところ感動脈瘤の心配もありません。

 

 

でも4回目発症の時は、予後が悪く、
約5カ月間、首のリンパが腫れ、痛みが続き、普段通りの生活さえもできませんでした。

 

なので将来が心配で心配で、
私達夫婦は、普通通りの生活ができさえすればいいという気持ちでした。

 

でも、それから2年後、
小学生になった娘は、普通通りに小学校に通っています。

自分で歩いて学校に行き、帰ってくるだけでも満足なのですが、
娘は私たちの期待を大きく裏切り、運動会ではリレーの選手、
そして、マラソン大会では10位で賞状をもらって帰って来ました。

このように運動面に特記してみても、川崎病にかかっていない子どもと同じように生活できています。

(もともと4月生まれなので、体力的に有利な点はありますが)

 

本サイトはそんな娘の病状や治療方法などを記したものです。

お子さんが川崎病との診断を受け不安になっている方の気持ちが少しでも楽になると幸いです。

最新記事