川崎病って感染するの?

川崎病の原因はいろいろな説はありますが、
今のところ原因不明の病気と言われています。

なので、兄弟や家族に感染するのでは?と、とても心配になりますよね。

で結果を先に言うと、
我が家の場合は同じ狭い病室にいても、感染はしなかったので安心していいと思います。

妊婦への感染は?

娘が2回目に発症した時には、
私は妊婦だったのでちょっと心配して、マスクをしていました。
でも、めんどくさくなり途中でマスクを外していましたが、
感染することはありませんでしたよ。

また、お腹の子も健康そのもので生まれてきてくれました。
今、6歳ですが川崎病には一度もなっていません。

なので、妊婦の方の感染に関しては、
ママもお腹の子に対してもあまり気にしなくていいように思います。

2~3歳の子どもへの感染は?

娘が3回目に発症した時は、
夫は海外に長期出張で、私が第三子を出産して別の病院で入院中でした。
(もうこの時は大人の数が足りなくて、大変。
赤ちゃんの出生届は父か母が提出しないといけないので、ギリギリに提出しました。
今となってはこれも思い出の1つです)

なので、その間は私の母が1人で、川崎病になった娘と弟の面倒を、病室でみていました。

つまり、2歳の弟は約1週間、元気なのに、自宅にも帰ることができず、
狭い個室の病室で姉と私の母の3人で過ごさなければならない状況でした。

でも、感染することもなく、いたって元気でしたよ。

なので、幼児に対しての感染も、あまり神経質になる必要はないと思います。

新生児に対しての感染は?

さらに娘が4回目に発症した時には、
一番下の子は生後2カ月。

病室に連れて行くか少し悩んだのですが、
病気の娘は私と離れることをすごく嫌がったし、私も心配だったので、
2カ月の赤ちゃんも病室に連れて行きました。
(母乳で育てていたので、赤ちゃんと離れることもできなかったし、
すでに川崎病を3回経験していたので、川崎病の感染はないだろうとわかっていたので、
病室に連れて行く判断をしました。
川崎病よりインフルエンザなどをもらう方が怖かった)

でも、赤ちゃんもおっぱいやミルクをグイグイ飲んで元気。
なので新生児に対しても、川崎病の感染は気にしなくていいと思っています。

このように、我が家は娘が入院したら、
狭い病室で家族全員が寝泊まりして過ごしていましたが、
誰も感染したことがありません。
なので、感染を心配されている方、
そんなに心配されなくてもいいと思いますよ。

ただ、病院自体には色々な病気の患者さんが入院されているので、
その他の感染症に対しては注意したほうがいいかもしれませんね。

我が家は病室を出て、戻ってきた時には、
手洗い、うがい、消毒を徹底してやっていましたし、
なるだけ病室から出ないようにしていました。